風俗営業許可の欠格要件


下記のいずれかに該当する場合は、風俗営業許可の欠格要件に該当します。

  • 1、成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で複権を得ないもの
  • 2、1年以上の懲役若しくは禁錮の刑に処せられ、又は一定の罪を犯して1年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  • 3、集団的に、又は常習的に暴力的不法行為等を行うおそれのある者
  • 4、アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
  • 5、風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
  • >
  • 6、営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
  • 7、法人の役員、法定代理人が上記1から5までに揚げる事項に該当するとき


営業所の欠格要件

下記のいずれかに該当する場合は、風俗営業許可の欠格要件に該当します。

  • 営業所の構造又は設備が風俗営業の種別に応じて、国家公安委員会規則で定める技術上の基準に従に適合しないとき
  • 営業所が、条例で定める地域内にあるとき
  • 営業所に管理者を選任すると認められないことについて相当な理由があるとき



風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出の代行を承っております。
お気軽にご相談ください。

風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出の流れ   お客様の声


行政書士への無料相談   行政書士へのお申込



下記のような場合には行政書士、社会保険労務士をご利用ください。

  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。


行政書士、税理士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦



行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。


風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出のお申し込み

風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出のお申し込み

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可申請のご相談

深夜酒類提供飲食店届出、風俗営業許可申請のご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。



風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出の業務対応地域のご案内

  • 対面しての風俗営業許可申請、深夜酒類提供飲食店届出の行政書士業務は札幌市、札幌近郊(石狩市・江別市・小樽市・北広島市・岩見沢市・旭川市・苫小牧市など)、函館当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に苫小牧、札幌でのご依頼を多く頂いております。
  • 北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市

行政書士、社会保険労務士業務の対応地域

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ